誘導加熱と誘電加熱の基本理論・製品構成・適用のアイメックス

Greeting

アイメックス3つの約束


誘導加熱の主な特徴:
 ・急速加熱   加熱物に非接触で電流が流れるので、急速加熱が出来る
 ・高温加熱   出力制御(流れる電流量制御)で、2000℃以上の加熱が可能
 ・局部加熱   必要な部分だけを必要な温度まで加熱が可能で、省エネができる
 ・クリーン加熱 加熱物自体の発熱で、ガス燃焼や電気炉など巨大設備不要
 ・雰囲気加熱   非接触加熱で、不活性ガスや真空雰囲気の加熱が可能
約束その1
アイメックスは、誘導加熱の特徴を最大限に引き出す高周波誘導加熱装置システムを提案・提供します


誘導加熱の特徴を活かす手段:
 ・最適の高周波電源 加熱目的に対応した出力と周波数の選定、例えば浸透深さや電磁撹拌等
 ・加熱コイル     螺旋型、渦巻型(片面、両面)、ヘアピン型、眼鏡型、
 ・加熱部(炉)構造   溶解炉、熱処理、塑性加工、ロウ接合、組織制御などに対応の構造全体システムの構築
約束その2
アイメックスは、出力、加熱コイル、加熱部(炉)に最適な全体整合条件システムを提供します


誘導加熱条件の不具合を解消:
 ・高周波電源は十分な出力があるのに、加熱時間が長い、長くなった
 ・加熱コイルを変更したら、装置が動かなくなった
 ・加熱物の種類や形状によって、加熱時間に大きな差がある
約束その3
アイメックスは、誘導加熱と誘電加熱の基本原理に基づき、原因究明と解決方法の基本をお客様に提案します


誘導加熱をお客様に更にご理解頂くための要素:
 ・高周波加熱の基本理論のご理解
 ・実証実験・テストによる、理論と実際の認識
 ・装置製造者と装置使用者が同じ土俵に立つ
アイメックスの実験・テスト設備をお気軽にご利用頂き、お客様と共に実験・テスト体験を繰り返し、これを基に
アイメックス3つの約束」を実行するよう技術検討を実施してまいります。

☆ 薄鋼板がきれいに加熱  (動画が見れます)

NEWS

2016/05/30
溶解傾注炉のランニングコストを大幅に削減します。詳細は誘導加熱応用_溶解をご覧ください
2016/02/16
当社の役員変更を行いました。宜しくお願い致します。詳細は会社概要_役員名簿をご覧ください
2016/01/20
出力20kw、装置組込型高周波電源【IMC-ASH203BI】が完成しました。
2015/08/10
高周波プレヒータにて、5kgのBMC(Bulk Mold Compound)の予備加熱に成功。
高周波回路の最適調整で、室温→60℃を約80秒で達成しました。
2014/08/29
貴金属用の誘導加熱式 大気溶解鋳造装置をご紹介。 高価な消耗品とされる水冷ケーブルを使用しません
傾注速度可変式 傾動支点が先端にて注湯口の振れが最小限 高周波電源出力40kW
2014/08/01
高周波加熱 高周波プレヒータの機能を大きく改善。高周波加熱装置の大敵、”粉塵侵入”と”電子管冷却風量低下”の保護対策を強化しました。これで、トラブルの大幅減少が予定されます
2014/07
誘導加熱用電源 IMC-ADH502のコンパクトバージョン【IMC-ADH502-CT】が登場しました
2014/05
超硬/ダイヤモンド工具などの無酸化ろう付ユニットのページをアップしました
食品サンプル専用の高周波プレヒータのページをアップしました
2014/05
”高周波加熱あれこれ”をテキストファイルで掲示しました
2014/01
今話題の”食品サンプル”製作用の専用”高周波プレヒータ”を開発・販売を始めました。
高周波プレヒータのページをご参照下さい
2014/01
高周波誘導・誘電加熱装置に表現されている”高周波出力”の意味について考えてみました。
高周波加熱のあれこれ”をご参照下さい
2013/08
誘導加熱と誘電加熱の違いについての説明を、”高周波加熱のあれこれ”に登録しました。
2013/06
IHヒータ対抗の小型安価なインバータ電源ASH502(5kW)を標準化しました
2013/06
本格的なインバータ方式による【1.5MHz・1kW誘導加熱電源】が、引き続きご好評を得て、φ1mm程度のろう付けや熱処理にご利用を頂いています。 詳細仕様については、高周波電源をご参照下さい

▲ ページトップ