誘導加熱,誘電加熱 | 高周波出力の基準,加熱能力

pageimg

誘導加熱、誘電加熱の対象物

高周波加熱の特徴

 ♦材料自体が発熱するので、省エネルギーの加熱ができる ➡ 輻射熱、熱伝導、熱伝達による損失が無い
 ♦急速加熱、高温加熱ができるので生産性が高く、装置の小型化ができる
 ♦ガス燃焼やヒータ輻射熱と異なり安全作業、環境にやさしい➡ 材料だけが加熱される
 ♦不活性ガス雰囲気や真空雰囲気下の加熱ができる
 ♦容器内の材料だけを加熱する事ができる ➡ 容器の加熱は不要
 ♦材料の局部だけの加熱や選択部分の加熱ができる ➡ 余分な箇所の加熱が不要
 ♦高周波出力の制御性が高く、迅速で高精度な出力制御ができる
 ♦装置制御が容易なので、熟練作業を必要としない

誘導加熱と加熱対象物 誘電加熱と加熱対象物
加熱出来る物(導電体):
〇 鉄系金属(Fe, SS, SUSなど)、非鉄金属(真鍮、金、    
       プラチナ、ニッケル、鉛、銅、アルミなど)、        
       黒鉛(カーボン)、又はそれらの合金

出来ない物(絶縁体、不良導体):
  〇 有機物(食物、プラスチックスなど)、無機質(セラミックス)、液体
   〇導電体でも、粉末や極細線などは高周波領域では加熱出来ない場合がある
加熱出来る物(絶縁物の一部):
 〇水及び水の混合液体(お酒、牛乳など)、水分を含む固体(農産物、水産物など)
 〇プラスチックの一部(フェノール、メラミン、ユリア、FRP、軟質ビニール、PETなど)
 〇無機質にて水分を含む物(粘土)

出来ない物(導電体など)
 〇金属類、主に熱可塑性プラスチックなど
   誘導加熱/誘電加熱・・どちらの場合でも、材料の電気特性(抵抗値など)により発熱量が変わる!!

▲ ページトップ