誘導加熱 焼嵌め インサート | シャフト挿入 アイメックス

  • HOME
  • 誘導加熱応用

焼嵌、焼き外し事例

焼嵌、焼き外し

焼嵌(焼きばめ)
◆誘導加熱により膨張した金属円筒などに、シャフトなどを挿入。
◆円筒の冷却による収縮を利用しシャフトを固定します。
◆モータ・シャフトの嵌め込み、高速回転工具の冶具への嵌め込みなどに利用されます。
◆加熱コイルを円筒の外周部に配置する場合と、円周の内部に配置する場合があります。

焼外し(焼きはずし)
◆焼き嵌め済みのシャフトや工具などを取り外すために円筒状のハウジングを加熱して内周部を膨張させます。

▲ ページトップ