誘導加熱 加熱実験 | お気軽に実験をどうぞ

pageimg

加熱実験・テスト

高周波加熱~誘導加熱実験・テストへのご案内

新規適用開発のためのトライアル、現状の加工方式の見直し、高周波装置選定のための確認を行う実験・テストができます
☆ 実験・テストの実施例
 ・ 鋼板加熱(熱間加工用)
 ・ 溶解(貴金属等)
 ・ 溶解による新素材の研究
 ・ ワイヤの焼入れ・焼鈍
 ・ 超硬チップ、ダイヤモンドのろう付け

お気軽にお問合せください!
  • image

    無酸化雰囲気での加熱実験
    写真:
    レアメタルのアルゴン雰囲気中での溶解実験

  • image

    極小径鋼線の加熱実験
    焼鈍、ろう付け応用

  • image

    貴金属材料の溶解実験
    写真:
    溶解温度は1200℃

  • image

    加熱時の温度分布を多点の熱電対で測定
    データロガーで記録

高周波誘導加熱実験・テストへのステップをお伝えします ~ お申込み前にご確認下さい

   加熱実験・テスト
の目的  
新しい材料の加熱の可否確認 金属、非鉄金属の場合は予めご確認下さい
誘導加熱の適用の可否確認 設備コストとランニングコストをご考慮下さい
現在の生産/加工方式の転換 現在の方式を転換する目的の明確化が重要です
現有装置の見直し 現有装置の問題点や課題の明確化が重要です
    加熱材料の把握   
金属材料 鉄系、非鉄系により発熱量に相違が出ます、予めご確認下さい
貴金属/レアメタル 実験・テストに供しえない場合があります。物性データをご確認下さい
複合材料/混合材料 加熱により火災、爆発、異臭、危険ガスなど発生の有無
無機/有機質材料 高周波誘導加熱法により、材料が発熱することはありません
加熱処理の目標値
昇温プログラム 到達温度~保持温度~温度分布などの明確化
加熱時間プログラム 昇温速度~保持時間。冷却時間(強制/自然)
加工内容 熱処理、溶解、ろう付け、焼結など
加熱雰囲気の要否 大気中、不活性ガス雰囲気、真空雰囲気、その他

高周波誘導加熱実験・テストのスケジュールをお伝えします

実験・テスト費用について ① 弊社の有する実験・テスト機材や加熱コイルについては原則として無償でご利用できます
② お客さまの実験・テスト専用に制作する加熱コイルや治具更に消耗品は有償となります
③ 弊社実験・テスト費用(実験・テスト準備~実験・テスト立会費など)は、実験・テスト内容とレベルにより異なります
④ 最初の段階の実験・テストは原則的に無償とさせて頂いていますが、予めご確認下さい
実験・テストの日程
について
⑤ 弊社の有する実験・テスト機材や加熱コイルが使用できる場合は、実験・テスト準備日を含め 最短3日以内で可能です。
   但し、他のお客様の予約がある場合は変更となります。
⑥ 実験・テストの期間が3日以上を必要とする場合は、都度ご相談と致します
当社内では出来ない
実験・テスト
⑦ 火災や爆発、異臭、煙や危険ガスの発生する可能性のある実験・テストは不可
⑧ 大きな騒音発生や300kg以上の重量物の持ち込みは出来ません
実験・テスト装置の貸与 ⑨ お客様が必要とする場合、弊社実験・テスト装置の貸与が可能です。日程は都度ご相談となります。
⑩ 貸与の場合はの輸送費用、据付・試運転費用及び貸与費用についてはご相談下さい

常設実験・テスト用設備のご紹介

高周波加熱設備 ・IMC-ADH502型   5kW, 200~400kHz                                                            
・IMC-ADH203型         20kW  15~120kHz
・IMC-PH2R型             2kW  高周波プレヒータ
測定・付帯機材など ・Kタイプ熱電対
・低温用・放射温度計   -50~500℃
・高温用・放射温度計   300~2000℃
・プログラム温度調節器(オムロン)
・データロガー(キーエンス)
・不活性ガス(N2, Ar)
・油回転式真空ポンプ
・冷却水循環ポンプ
・ディジタルフロースイッチ
  • 実験用坩堝

    実験・テスト用坩堝

  • 実験用加熱コイル

    実験・テスト用加熱コイル

▲ ページトップ