誘導加熱 高周波電源 | 5kW~80kW 15kHz~1.5MHz アイメックス

pageimg

誘導加熱電源

  • HOME
  • 誘導加熱電源

News:誘導加熱 高周波電源IMC-ADH502の高さが15%削減 机下に配置が可能
News:高周波電源の整合部を小型化し電源部と分離可能なタイプを導入。フレキシブルな操作性を提供します

高周波誘導加熱用電源 製品例

IMC-ADH シリーズ  【 仕様書PDF


高周波誘導加熱装置の構成

 【電源部】とは・・3kHz~3MHz帯のインバータ電源と高周波回路制御系より構成
        *MOSFET又はIGBTの固体素子と高信頼ダイオードによるスイッチング方式
        *高周波を発生させるので、【発振部】と呼ばれることもある

 【整合部】とは・・トランスとコンデンサによる共振回路で、電源部内蔵型と分離型がある
        *分離型の場合、電源部~整合部は“フレキシブル出力ケーブルで接続
        *インピーダンス整合と周波数同調を合わせて整合(マッチング)部と呼ぶ

【操作部】とは・・運転状態を表示する計器、表示灯と操作・設定用スイッチ、ダイヤルなど
          *標準仕様は電源部パネルに搭載
      *温度測定機能、プログラム制御やデータ収集機能更に機構部操作系などの付帯仕様がある場合、
       分離型のコントロール・ボックスが装備される事がある

 【加熱部】とは・・加熱処理内容に対応の加熱コィル。全てカスタムデザインとなる
        *整合部~加熱コイル接続は“銅板製ブスバー固定接続”

 【機構部】とは・・被加熱物の固定用治具、マテハン・搬送部、加熱・溶解炉など
        *機構部は全てユーザー様の用途に合わせたカスタムデザイン

【電力・冷却水】・ 高周波誘導加熱装置を運転するために必要とする電力、冷却水や付帯装置を動かすための油・空圧などを
         総称して【ユーテリティ】呼ぶ
      *一次側の200V商用電源及び冷却水の供給は基本として電源部に接続
      *本装置の加熱部や機構部の構造・運転条件により別途の商用電源供給を必要とする場合がある
      *本装置の電源部、整合部及び加熱部の冷却は基本的に全て冷却水方式

      各部への冷却水供給と配管は装置仕様により設計される
IMC-ADH型・高周波電源の特徴

 IMC-ADH型・高周波電源では;
 多くのアプリケーション経験に基づき、種々のオプション機能の搭載が可能
   ◇電源部と整合部を切り離す事ができるので、加熱部(コイル部)の自在配置が可能
   ◇整合部・加熱部はフレキシブルケーブル接続にて、加熱中の加熱コイルの移動が容易
   ◇加熱コイルの頻繁な交換にはワンタッチ・クランプ式の採用で、短時間交換が可能
   ◇異なる材料(材料抵抗値が異なる)を加熱の場合でも、トランスタップ切換で最適出力が得られる
   ◇2系統出力切換方式の採用で、1-電源部/2-加熱部の構成が可能で、高効率生産ができる
   ◇多様な温度制御方式(ステップ式加熱制御、プログラム式加熱制御など)の採用が可能
   ◇デジタルI/O:パラメータのデジタル出力により他の端末へのデータ取込が可能


 IMC-ADH型・高周波電源をお使いになると;
   ◇ユーザー様のアプリケーションや材料の変化に応じて、弊社より最適な加熱コイルの提案や出力制御の提案を行う事が出来ます
   ◇その理由は、本装置が有する多様なそして高信頼の機能・性能に基づくものです
   ◇溶解、熱処理、ロウ付け、塗膜乾燥、接着剤硬化促進、CVD、熱間鍛造予熱などに安心してご利用頂けます
   ◇更に、弊社にて十分な予備実験でその機能をお試し下さい

  • IMC-AFH103 (10kW) IMC-AFH203 (20kW)

    1電源で大気中加熱装置と雰囲気加熱の2炉に対応

  • 真空装置に併設のIMC-AFH203

    加熱中の加熱コイルが自在昇降で温度分布が自在

  • IMC-AFH103 (10kW) IMC-AFH203 (20kW)

    フレキ・ケーブル接続で、整合・加熱コイルが自在配置

  • 真空装置に併設のIMC-AFH203

    加熱コイルの交換が容易なワンタッチ・クランプ

  • IMC-ADH403(40kW) IMC-ADH603(60kW)

    IMC-ADH403(40kW)
    IMC-ADH603(60kW)

  • IMC-ADH103(10kW) IMC-ADH203(20kW)

    IMC-ADH103(10kW)
    IMC-ADH203(20kW)

  • IMC-ADH502(5kW)

    IMC-ADH502-SD(5kW)
    (標準型)

  • IMC-ADH502-RD(5kW)

    IMC-ADH502-CT(5kW)
    (コンパクト型)

  • IMC-ADH502(5kW)

    IMC-ADH502-RD(5kW)
    (実験研究用)

IMC-ASH シリーズ  【 仕様書PDF

ADH502-CT 誘導加熱装置用高周波電源 IMC-ASHタイプの装置組込型が新登場
出力20kWの高出力タイプIMC-ASH203BIを開発しました


新登場 IMC-ASH203BI型
  出   力:20kW
  周波数:25/50kHz, +20%,-40%
  電 源:3相200V 22kVA
  冷却水:約8㍑
  サイズ:W260×D250×H360 mm
  重 量:約25kg


お客様の搭載装置の制御盤にも組込が可能なコンパクトサイズで、
加熱能力は弊社標準型電源と同じです。
整合器と加熱コイルはお客様の仕様に合わせて設計・製作します。
また、お客様に最適な仕様を弊社の実験設備で創り出します。
自動機メーカー様、エンジニアリング会社様にはOEM供給が可能。

ある程度特定された加熱対象物や加熱コイルを対象とした、小型で安価な高信頼電源です

主な特徴
・ 出力周波数は25又は50kHz の何れかを選択可能
・ 動作周波数:25kHz=15~30kHz、50kHz=30~60kHz 
・ 厳選されたIGBTとDIODE搭載の高効率インバータ
・ 整合器は全て分離型により、レイアウトが自由性
  • IMC-ASH603 (60kW)

    IMC-ASH603 (60kW)

  • IMC-ASH403 (40kW) IMC-ASH203 (20kW)

    IMC-ASH403 (40kW)
    IMC-ASH203 (20kW)

  • IMC-ASH103 (10kW)

    IMC-ASH103 (10kW)

  • IMC-ASH502 (5kW)

    IMC-ASH502 (5kW)

IMC-AFH シリーズ  【 仕様書PDF

ある程限定された加熱対象物や加熱コイルの変化を前提とした、小型、安価な専用負荷用の高信頼電源です

主な特徴
・ 出力周波数は25/50/100kHz の何れかの選択が可能
・ 動作周波数:25kHz=15~30kHz、50kHz=30~60kHz, 100kHz=60~120kHz
・ MOS-FET を使用し、100kHz帯のご要望に体操した高効率インバータ
・ 整合器は全て分離型
  • IMC-AFH103 (10kW) IMC-AFH203 (20kW)

    IMC-AFH103 (10kW)
    IMC-AFH203 (20kW)

  • 真空装置に併設のIMC-AFH203

    真空装置に併設のIMC-AFH203

MHz 帯シリーズ  【 仕様書PDF

本格的トランジスタ・インバータによるMHz帯電源を完成 高精度の出力安定性とノン・トラブルを誇ります

主な特徴
・ 出力周波数1.5MHzにより、小径品や薄板品の加熱処理が可能
・ 連続出力、リニア制御にて、パルス制御方式の如き、出力の断続が発生しない
・ 専用の小型整合器により、自動化装置に容易に組込が可能
・ 出力効率95%以上にて、電源や冷却水の必要量は、電子管の半分以下
・ 小径加熱コイルに対応した冷却水監視機能を装備し、安定運転が可能
主な用途
・ ドットピンのろう付け
・ 超硬/ダイヤモンド工具のろう付け
・ 小物、薄片部品の加熱処理
・ 医療機器部品の熱処理、ろう付け
  • IMC-AMH102 1kW 1.5MHz

    IMC-AMH102 1kW 1.5MHz

  • 量産ライン用制御、操作組込

    量産ライン用制御、操作組込

OEM/装置組込バージョン

IMC-ASH/AFHシリーズをベースに、量産装置/自動化装置用に、組込型電源の供給が可能。 OEMとしてごご相談にて提供できます

・ 出力の安定性や制御機能、出力周波数と動作周波数の仕様は標準型と同じです
・ 専用の小型整合器により、量産/自動化装置に組み込む場合のレイアウトが自在
・ 外部装置との標準I/Oを有し、外部制御盤とのインターフェースが容易
・ ロット生産数量についてはご相談に応じます。
・ 市販の"IH電源"による加熱コイルと整合の苦しみに比較し、大幅な労力が削減されます
  • ASH102-BI 10kW 25/50kHz

    ASH102-BI 10kW 25/50kHz

  • ASH502-BI  5kW 25/50kHz

    ASH502-BI  5kW 25/50kHz

  • AFH252-BI 2.5kW 25/50/100 kHz

    AFH252-BI 2.5kW 25/50/100 kHz

整合部を分離・小型化して自在な配置

分離型・小型の整合部(マッチングボックス)で、多様な配置とコイル接続を実現

・ 高周波電力は、電源部→整合部→加熱コイルの系統で伝送され、ワークに誘導電流が発生します
・ 高周波電力は、周波数が高いほど表層電流となり、伝送系における電力損失が大きくなります
・ このため各ユニット間は出来るだけ一体化、固定化して配置する必要があります
・ 他方、お客さまの生産ラインの構成や加熱条件の自由な選定には、加熱コイル配置の自由度が求められます

・ アイメックスは、厳密な設計と実証実験による検証を行い、各ユニット間の分離と小型化を達成します
・ 種々の整合部・加熱コイルの組合わせにより、お客さまに最も最適なレイアウトや構造を提案致します

ご相談、ご質問はこちらへ reception@i-mecs.com
  • ASH102-BI 10kW 25/50kHz

    ボルト接続式 加熱コイルはブスバーで接続
    簡単で安定した締結が可能

  • ASH502-BI  5kW 25/50kHz

    クランプ式 容易な加熱コイル交換可能
    頻繁なコイル交換が容易に可能

  • AFH252-BI 2.5kW 25/50/100 kHz

    真空炉と接続 導入端子型
    真空炉内の加熱コイルとの安定接続

  • ASH102-BI 10kW 25/50kHz

    防錆/防塵ウオール付 レイアウト
    フラックスやオイルミストによる汚染防止

  • ASH502-BI  5kW 25/50kHz

    XY軸微調整ベース付 整合器・コイル
    ユニット全体を自由に動かす事が可能

  • AFH252-BI 2.5kW 25/50/100 kHz

    水平配置石英管炉と整合器・加熱コイル
    ユニット小型化でテーブル上の自由配置

  • ASH102-BI 10kW 25/50kHz

    溶解炉接続整合器の冷却水配管例
    整合器を縦型に配置も可能

  • ASH502-BI  5kW 25/50kHz

    水冷ケーブル不要の傾注炉と整合器
    水冷ケーブル部の電力損失が約10%低減

  • AFH252-BI 2.5kW 25/50/100 kHz

    大型真空炉内の導入端子と加熱コイル
    真空炉内の加熱コイルとの安定接続

  • ASH102-BI 10kW 25/50kHz

    可動加熱コイル用フレキシブルケーブル
    加熱コイル部のみ上下移動でワークを加熱

  • ASH502-BI  5kW 25/50kHz

    可動加熱コイル用フレキシブルケーブル
    コイル部のみの可動化が可能

  • AFH252-BI 2.5kW 25/50/100 kHz

    溶解+傾注機能の加熱コイル
    真空容器内での溶解・注湯機構

誘導加熱装置用・各種制御盤の紹介

誘導加熱用の電源装置を更に活用するために、多様な制御盤を準備しています

・ 出力設定器とタイマにより、複数ステップの加熱が可能
・ コンベア機構との併設の場合のコンベア速度と高周波出力の設定が可能
・ 温度測定器(熱電対=TC、赤外線温度計=IR)と温調器を組合せたフィードバック機能制御盤
・ タッチパネルによる多段階設定が可能な制御盤
・ 全自動装置用としてのタッチパネル制御盤
  • ステップ加熱用 制御盤

    ステップ加熱用 制御盤

  • コンベア速度/高周波出力可変用 制御盤

    コンベア速度/高周波出力可変用 制御盤

  • TC計測・温調制御盤

    TC計測・温調制御盤

  • IR計測・温調制御盤

    IR計測・温調制御盤

  • タッチパネル式制御盤

    タッチパネル式制御盤

  • 出力/加熱・冷却時間の3段階制御

    出力/加熱・冷却時間の3段階制御

  • デジタル出力計付制御盤

    デジタル出力計付制御盤

  • 全自動装置用・タッチパネル制御盤

    全自動装置用・タッチパネル制御盤

▲ ページトップ