誘導加熱,高周波ろう付・溶解・焼きばめ,加熱コイルなどの実用例

  • HOME
  • 誘導加熱応用

ろう付け、はんだ付け加工など

・ 接合する素材材質に対応したろう材とフラックスの選定が重要です。
・ 高周波誘導加熱の特徴を活用した無酸化ろう付けが可能です。
・ ろう付けした超硬チップなどを剥離するために高周波誘導加熱装置を使う場合もあります。
・ 鉛フリーに対応した高温半田では、局部加熱、急速加熱の高周波誘導加熱は大変有用です。
・ 但し、半田対象が銅箔や極小部品となるため、その可否の判断が重要です。
  • 鋼管や銅管のろう付け(100kHz)

    鋼管や銅管のろう付け(100kHz)

  • 超硬ビットのろう付け(50kHz)

    超硬ビットのろう付け(50kHz)

  • φ0.8部品のろう付け(1.5MHz)

    φ0.8部品のろう付け(1.5MHz)

  • 無酸化ろう付・雰囲気炉

    無酸化ろう付・雰囲気炉

▲ ページトップ